6cc67535dda06b45f604852926df28f9_s

 

こんにちは。牛若丸禿朗です。

ネットビジネスに興味を持ち、稼ぐための準備をする毎日には
色々とご苦労もあるでしょう。お疲れ様です。

さて、最近はブログ構築の解説記事を重ねてきました。
一服の意味で、久しぶりに戯れ言をほざいてみようかな、と。

 

この章の趣旨は、「King  of  人生の主導権を握る」には
ネットビジネスこそ相応しいというものです。

 

なお、途中で私の愚痴が延々と続く箇所があります。
そのため、貴殿の人生哲学、生き方が

「他人の愚痴なんぞ聞いてられっか!ケッ!!」

「沢山の人に囲まれた毎日が楽しい!」

「人に頼らず、関わらず。己の力のみで生きてきたっ!」

 

というものであれば、直ぐに他のサイトに移りましょう。

 

人生の主導権を握る、とは

タイトルにした「人生の主導権を握る」ですが、自分がやる事は
自分で決めたい、という程度の意味です。それも少しだけ。

 

そもそも、自分がやる事を自分で全て決められる人など、世の中に
いるのでしょうか。

ぶつかり合ったり摩擦があっても、何とか折り合いをつけて
過ごしているのが現実でしょう。

他人による指示を受けて、自分の意思に反する事であっても
やらなければならない事もある訳です。

 

そんな時には無意識に、場合によっては意識的に「仕方がない」
「世の中そういうものだから」と自分を納得させているのでは
ないでしょうか。

 

ですが、私は疑問を持つ時があるのです。

私は、自分の決定に従って生きているのかな、と。

特に仕事においては、会社から与えられたものではないか、
自分の意思で行動しているのか、という気持ちになる時が
ありますね。

 

そして、

自分が決められる部分を増やしていきたいなぁ。

と思うのです。

 

貴殿は、勤務先の上下関係、取引先との関係等々人間関係による
しがらみや摩擦に、疲れてしまうことはありませんか。

しかもそれが、好き・嫌いが原因としか思えないような
摩訶不思議なしがらみや摩擦だとしたら。

私はそういったものに疲れを感じる時がありました。

 

置かれている立ち場で頑張る

ところで先日、勤務先の支店近郊にお住いのOBの方々と、酒席を
共にする機会が有りました。

一番若い方でも70歳過ぎ、年長者は80歳になるという一団でしたが、
いやいや、皆さん本当にお若くて元気です。

失礼ながら、外見上はさすがに年齢相応に見えますが、

  • 食欲旺盛(飲む方も含む)
  • ボランティア活動や町内活動などへの高い関心
  • 記憶力に衰えを感じさせない

若いだけしか優位な点が無い私は、圧倒されっぱなしでした。

 

酔いが深まる中で、現役の私にも仕事に取り組む姿勢や
心構えなどを御教示くださいました。

その内容で気になった一言があったのです。

 

「置かれている立場で精一杯頑張りなさい。」
(ベストセラーの題名みたいですけど。)

 

お断りしておきますが、その発言の主であるOBの方は
ベストセラーである書籍の内容を踏まえての発言では無い、と
仰っていました。

その為、書籍に対する直接的・間接的な批評が目的ではない事を
ご理解いただきたいと思います。

 

分かっているのですが

 

5b64599d015c28769cf9fc78ba2c24f3_s

 

私も入社以来、二十数年が経過しました。

今の立場に自分がいるのは、自分の能力、努力、失敗、等々の
「自分がやったこと、やってしまったことの結果」であることは
理解しているつもりです。

「過去の出来事の結果」が今の私の立場を作ったわけですから、
「未来を良くするため」に、置かれている立場で精一杯頑張ることが
大切だということは分かります。

 

ただ、時折

「自分がやる事は自分で決めたい(少しだけでも)」

「自分が自分に対して指示を出し、成果も失敗も全て自分で
引き受けたい」

「自らの決定に従って生きている、と思える時間を増やしたい」

という欲望のようなものが頭に浮かぶわけです。

 

う~ん、少々子供っぽいですかねぇ。

 

良い歳をして、とは思うものの

ここまで記事を読まれた貴殿は、ビックリされたのではないでしょうか。

「良い歳をした中年サラリーマンが何を言っているのだ。」
「哀れな。自分が決められることに限りがある事もわからんのか。」
「周りの方々の支えでその立場にあることも忘れて、とんでもない。」

言い訳になりますが、何時もこのような事を考えている訳ではありません。
何かの拍子に、ふと思うことです。

 

貴殿はありませんか、例えばこんなことが。

  • 自分よりスコアが悪い上司に気兼ねして、わざと叩く。
  • 早く帰りたいのに、取引先と三次会まで行く。しかも全て弊社負担。
  • 自分が知らなかった部下の失敗について、怒られる。

ちっちゃな話なんですけどね。

 

私はあります。ですが普段は社会人として当たり前の事として
一々気にしている訳ではありません。

意識した時も「これも仕事の内」と割り切っています。

 

ですが、何かの拍子に思う訳ですよ。

  • 何で上司のスコアを気にしながら、ゴルフしているんだろう。
  • 何で取引先とはいえ、ここまでしなければならないんだろう。
  • 何で失敗した事柄の経緯を知らない自分まで怒られるんだろう。

 

そんなことがあると、ついつい考えてしまうことがあるのです。

  • 社内であっても、誰に気兼ねすることなく自分のゴルフをしたい。
  • 二次会までで切り上げて、さっさと帰って寝たい。
  • 部下の失敗は、監督不行き届きで自分の責任。怒られるのは当然。
    だけど、世の中見ると割り切れない。

 

結果的に、ちょろりと顔を出すのが前述の欲望なわけですね。

 

「置かれた立場」の主語は

ところで、OBの方が仰った「置かれた立場」の主語は何でしょうか。

私は国語の教師ではないので、あくまでも個人的な感覚ですが、
「私」ではないか、と。

その方のご経験を基にした、私に対する仕事をする上での
アドバイスですから、主語は「私」で良いのでしょう。

 

ところが私には、この言葉に「会社に与えられた」という
ニュアンスを感じてしまうのです。

そんなことを考えると、

「置かれている立場で精一杯頑張る。」

というのは、

「私は会社によって与えられた(置かれた)立場で精一杯頑張る。」

ということになるのかな、と。

 

そうであれば、少々の不平・不満があっても、良く言えば
自らを鍛える機会、経験値を高めるチャンスと捉えて、
それに対処するべきなのでしょう。

 

試練も自分で自分に与えたい

会社によって与えられたかもしれない仕事も、人間関係による
しがらみや摩擦も少々の愚痴で(本当に少々ですって。
いや、多少だったかな?)こなして来ました。

でも、大袈裟に言えば、そんな日々に疑問を抱くようになった、
ということです。

 

会社という組織に居て、仕事をして収入を得ている限り、
人間関係による様々なしがらみや摩擦は生じます。

仕事に関わる人が増えれば増えるほど、そういった機会が
増えていくわけです。

 

これはある意味当然であり、それが嫌なら別の道を探しなさい、と
いうことになる訳ですね。

そうなのです。

会社組織にいて、そこで得られる報酬で生活している以上、
人間関係による様々なしがらみや摩擦も全て報酬に含まれている、
と考えるべきなのでしょう。

 

ままならない事を愚図愚図と考えながら、頭皮に刺さる寒風に
身も心も縮こまる今日この頃、という塩梅だったのです。

 

 

愚考する中で辿り着いた結論が、

 

人間関係に疲弊する前に他の道を探す。

 

ということでした。それは、

 

自分が決め、自分が責任を負える仕事をする。

 

 ということだったのです。

 

ネットビジネスへの期待がますます高まる

 

3f448da7a14472a06fab1d8a6d6a4cfa_s

我ながら、人生の折り返し地点を随分前に過ぎた中年オヤジ
(私です)が、こんなことを考えていてもしょうがないだろう、と
思う時もありました。

 

尤も、思いついたことは形にしないと意味が無い訳で。
更に具体的に考えるようにしたわけですよ。

そして、

  • 自立して、
  • 人間関係の悩みがほぼ無い、
  • 自分がやる事を自分で決められる、

そんなうまい仕事は無いかな、と。

 

お気付きですよね?そうなんです。

貴殿が取り組もうと準備を始められたネットビジネスこそ、
私の悩みを解消してくれる回答だったのです。

 

私の場合は以前からネットビジネスに取り組んでいた訳ですが、
続けていて本当に良かったな、と思います。

 

正しい方法で、真面目にコツコツと継続すればきちんと稼げる。

今の勤務先で従事している仕事や取り組む姿勢と同じです。

「正しい方法」

「真面目に」

「コツコツと」

「継続する」

ただ、ネットビジネスは自分を取り巻く環境が、今の勤務先とは
大きく異なります。特に、人間関係という点においては劇的に。

 

 

今の私は、ネットビジネスに改めて大きな魅力を感じています。

それは、

  • 「自分がやりたいことを自分で決められる」
  • 「制約が少ない」
  • 「全て自分で責任を負える」

からです。

失礼ながら、貴殿は勤務先で今までにそのような感覚を
お持ちになったことはありますか?

 

ネットビジネスに携わることは、

一国一城の主

になる事なのです。

まさに、

威風堂々、気宇壮大

なのですっ!(ちょっと興奮気味ですが)

 

今迄ネットビジネスを継続してきて思うのは、例えリスクがあっても
自分にとって充実感がある、毎日が楽しい、ということです。

お蔭様で会社勤務にも良い影響があるのですよ。

私がネットビジネスを楽しいと思う感情や充実感が、時折感じる
勤務先の摩訶不思議な人間関係の負の感情を打ち消してくれるのです。

 

ネットビジネスに取り組んでいる時間は、自分で考えて自らの行動を
決められる時間であり、こう考えるのです。

 

人生の主導権を握っているのは、自分自身だ

 

と。

今はまだネットビジネスで独立は出来ませんが、今の勢いを持続すれば
早ければ3年、遅くとも5年後には会社を辞めても大丈夫だな、という
感覚があります。

 

道半ばですし、大変な時もある。でも楽しい。充実感がある。

 

登山でいえば3合目あたりでしょうか。少しずつ風景の人工物が減り
足が温かくなってきたかな?という感じ。

初めて訪問した飲み屋でいえば、最初に注文した肴に感動したところ。
この店はやるなっ、と唸らされ、今夜の展開にワクワクする感じ。

ゴルフでいえば、2ホールまでパーでまとめたっ、今日のスコアは
期待出来るか?という時の感じ。

なんだそりゃ、な例えはありますが。

 

リスクも有りますが、自分で自分をコントロールする、
人生の主導権を自分で握れる充実感は、何物にも代えがたい
と思う次第です。

貴殿は、貴殿の思う通りにビジネスを進めることが出来ます。
誰の指図も受けません。

一国一城の主になる訳ですから。

 

貴殿がネットビジネスを継続し、それによって稼ぐことが出来れば、
私と同じような感想を持っていただけると確信しています。

 

人生の主導権を握れるネットビジネスは楽しい