148e5650715073288a1e21cfb986c4ba_s

こんにちは。牛若丸禿朗です。

冒頭でお伝えしますが、私はブログを訪問してくださった方を、
【貴殿】とお呼びしています。

サラリーマン生活三十年の習慣で、敬称として頭に浮かんだのが
【貴殿】でしたので、少々堅苦しい感じもしますが、ご理解のほど
よろしくお願いいたします。

 

さて、ネットビジネス関連のサイトやブログを見ると、
それらの多くが、どこかの場面で

  • 「ネットビジネスで、毎日これだけ稼いでいます。」
  • 「副業のネットビジネスでも稼げます。」
  • 「ネットビジネスは稼げるビジネスモデルです。」

等々の表現を使っています。。

 

この「稼ぐ」ですが、貴殿はどのようなイメージを
お持ちでしょうか。

ネットビジネスに参入するからには目標をお持ちの事と
拝察いたします。

将来的には、ネットビジネスで大いに稼いで経済的な安定を
得たい、とお考えかもしれません。

 

ん?いや、確かにお金は欲しいけれど、「稼ぐ」というのは
ちょっと違うかな。例えば、収益を得る、とかお代を頂戴する、
というイメージが性に合っている。

 

そんな風にお考えの場合はご一考いただきたいと思います。

 

「稼ぐ」とは。

そもそも稼ぐとは、どのような意味があるのでしょうか。
大辞林によれば

 

  1. 働いて収入を得る。
  2. (点数・得点などを)努力して得る。
  3. 利益を得る。
  4. 自分の都合の良い情勢になるまで時間を引き延ばす。
  5. 仕事などに励む。

 

とあります。

ネットビジネスを始める前の私は、「稼ぐ」という単語を、
収入を得る意味で使うことに、何となくですが、卑しい語感
と言いますか、ガツガツしたイメージを持っていました。

そして、思い込んでいたのです。「稼ぐ」という単語は、
人様と会話している時に堂々と使えるものではない、と。

 

「稼ぐ」ことは卑しいのか。

大辞林を持ち出すまでも無く、「稼ぐ」ことは卑しいことでは
ありません。会社で仕事をすることは、収入を得ること。
即ちお金を稼ぐための行為です。

中年サラリーマンであれば、現在まで一生懸命に仕事をしてきたことを
卑しいと言われたら、大概の方は気分を害するでしょう。

 

そうなのです。「稼ぐ」ことは卑しいことではないのです。
人様が必要としている物や情報などを提供し、その対価として
お金をいただく当たり前なことなのです。

 

それでも「稼ぐ」という単語の使用を躊躇う感情。

「稼ぐ」という単語の意味を理解して自らの会社人生を振り返ると、
むしろ積極的に「稼ぐ」という単語を評価し、使用したいと思いませんか。

 

それでも躊躇する部分があるとすれば、お金のことをあからさまに
語る事を卑しいと思う感情からではないでしょうか。

 

「清貧」「武士は食わねど高楊枝」など例え貧しくとも精神的な
清らかさを良しとする、大袈裟に言えば日本人の美徳が「稼ぐ」
という単語の使用を躊躇させていないでしょうか。

 

もしくは、「稼ぐ」に能動的な響きがあり、結果的にガツガツした
イメージを抱くためではないでしょうか。

 

敢えて「稼ぐ」を使う。

前述の通り、ネットビジネスを始める前は、そして始めてから
暫く経っても「稼ぐ」という単語の使用を躊躇っていた私ですが、
その感覚も次第に薄れました。

 

今は特別に意識することなく使っています。

「稼ぐ」ことは「収益を得る」と同義であり、自分が感じるニュアンスには
何の意味もない、と理解したからだと思います。

 

そして、ネットビジネスで実績を上げるにつれて、積極的に「稼ぐ」を
使うようになりました。

そして思うのです。

「清貧」や「武士は食わねど高楊枝」は大いに結構です。日本人の大事な
精神としてきちんと弁えておくべきでしょう。
(私は清くもなく、武士でもないのですが…。)

 

一方で、能動的なイメージを個人的に抱く「稼ぐ」を、敢えて、
そして大いに使いたいと思います。

前述の通り、ネットビジネスでは「稼ぐ」という単語をよく使います。

これは私見ですが、本来の意味である「働いて収入を得る」ことや
「利益を得る」ことに加えて、積極的に、と言いますか、
自ら進んで、と言いますか、お金を得るためにそのような感覚を持つ
必要があるからだと思います。

 

大いに「稼ぐ」ことを始めようじゃないですか。

話は急に変わりますが、今の日本を覆う停滞感や元気のなさは、
経済的な部分に負う所が大だと考えます。

残念ながら、日本の景気や私たちの暮らしが、右肩上がりに
成長するには時間が掛かりそうです。

特に個人では、なかなか増えない年収を前にして、将来の経済的不安に
悩む場面が減りそうにありません。

それであれば、貴殿が出来ることから始めませんか。

嘆いていても、問題の解決にはなりませんよ。

 

ネットビジネスを副業として大いに稼ごうじゃないですか。

参入するハードルが低いネットビジネスは、

 

  • 真面目にコツコツ取り組むことが出来る
  • 少しくらいの挫折なら、容易に克服出来る
  • 上手い話には絶対に騙されない

中年サラリーマンにはピッタリなのです。

 

会社で一生懸命に働くのは、今まで通りです。

その上でネットビジネスを始め、「稼ぐ」ことを大切に考えながら
努力を重ねて、まずは皆様が今までより更に元気になりましょう。

その上で、ネットビジネスで一層稼いで税金を納め、大いに消費して、
ゆっくりとですが日本を元気にしませんか。

 

個人で出来ることは高が知れていることなど十分承知しています。

それでも、私は気を大きく持って「稼ぐ」ことを讃え、その為に勉強し、
行動しています。

貴殿が、何かの気付きを得てネットビジネスに参入し、大いに稼いで
元気になっていく。

そして、貴殿の後に続いてネットビジネスの参入した方も、同じように
稼いで元気になっていく。

そんな、「稼ぐ」ことによって元気になる方々が、次第に増える様を
イメージしてくださるようになれば幸いです。