こんにちは。牛若丸禿朗です。

今日は、Google アドセンスの審査に合格した貴殿に、
ブログに広告を貼り付ける方法をご紹介します。

最も簡単な、プラグインによる方法が良いでしょう。
記事の一つ一つに設置する必要がないですから。

なお、広告が設置できるプラグインは幾つかありますが、
今回は「AdSense Plugin WP QUADS」を使います。

 

作業は

  1. AdSenseコードの取得
  2. プラグインの設定とコードの貼り付け
  3. アドセンス広告の記事への挿入

という流れで進みます。

早速始めましょう。

 

AdSenseコードを取得する

既に貴殿のお手元には、下記内容のメールが配信されている前提で
話を進めます。

まずはAdSenseコードを取得しましょう。

赤枠の【ご利用開始】をクリックしてスタートです。

 

下の画面に切り替わります。

【広告の設定】をクリック。

 

下の画面が現れますので、【+新しい広告ユニット】を
クリック。

 

画面が切り替わります。

指示に従って広告の種類を選択しますが、ブログには
【テキスト広告とディスプレイ広告】が良いでしょう。

赤枠の中をクリックします。

 

下の画面が現れます。

  1. 名前の入力   ブログの名前と広告の貼り付け場所(上・中・下)が良いでしょう。
            (例)天は自ら助くる者を助く(上)
  2. 広告サイズ   自動サイズである【レスポンシブ】を選択。

名前に貼り付け場所を付けるのは、いずれクリック率の違いを
検証するためです。

 

下の画面で表示されている広告タイプは、初期設定のままで結構です。

すべての入力が済んだら、【保存してコードを取得】をクリック。

 

下の画面、【広告コード】が表示されます。

後ほど赤枠部分のコードをコピーして貼り付けますので、
この【広告コード】の画面は開いたままにしておきます。

 

 

 

プラグインの設定とコードの貼り付け

ここからは、コードを貼り付けるためのプラグインを
設定する作業に移ります。

先ほどのAdSenseコードが表示されている画面とは別のタグを開きます。
そして、別タグからWordPressのダッシュボードにログインします。
(表示はGoogle chromeのものです。)

 

別のタグを開いた結果、画面上部は下の画面のようになっているはずです。

 

プラグインを設定する。

では、別タグで開いたWordPressのダッシュボードから、

  1. ナビゲーションメニューの【プラグイン】にマウスポインタを当てて、
  2. サブメニューの【新規追加】をクリック。

 

下の画面に切り替わります。

【キーワード】に、【Adsense Plugin WP QUADS】と入力し、
【Enter】キーを押します。

 

下の画面が現れます。

【今すぐインストール】をクリック。

 

インストールが終了すると、下の画面になりますので
【有効化】をクリック。

 

以上で、プラグイン「Adsense Plugin WP QUADS」の
インストールと有効化が完了です。

 

Adsense コードを貼り付ける

この勢いで、Adsense コードを貼り付ける作業をしましょう。

ダッシュボードの画面から、

  1. ナビゲーションメニューの【WP QUADS】にマウスポインタを当てて、
  2. サブメニューの【Ad Settings】をクリック。

 

グッ、え、えいごです。

若干ひるみますが、中年ならではの落ち着きをもって、
冷静に対処しましょう。

肝心な部分だけ意味が分かれば良いのですから。

ということで、

  1. 4つあるタグの中から【ADSENSE CODE】をクリック。
  2. Ad1をクリック。

 

 

ちなみに、Adとは「広告」を意味する名詞ですね。

 

【Ad1】をクリックすることで下の画面が現れます。

  1. 【ADSENSE CODE】の画面であることを再確認し、
  2. 【Plain Text/HTML/JS】にチェックを入れ、
  3. 開いたままにしておいた【広告コード】の画面の、
    Adsense コードを貼り付けます。

 

開いたままの【広告コード】の画面に戻り、コードタイプを
【同期】にしたうえでAdsense コードをドラッグします。
(青く反転します。)

【Ctrl】キーを押しながら【C】キーを押して、
Adsense コードをコピー。

 

1つ上の画面で示したを拡大したのが下の画面です。

赤丸で囲んだ通り、空欄の冒頭をクリックしてカーソルを
表示させます。

 

【Plain Text/HTML/JS】の画面であることを再確認します。

【Ctrl】キーを押しながら【V】キーを押して、貼り付け。

 

 

Adsense コードを貼り付けて一安心、というところですが、
しばしお待ちを。

ここで、貴殿が良く目にされる広告を確認します。

赤枠の部分が広告になりますが、その上の文字に注目です。
【スポンサーリンク】とあります。

 

この文字も一緒に貼り付けていきましょう。

先ほどAdsense コードを貼り付けた、その上の部分にスペースを作り
以下のコードを貼り付けます。(コピペしてお使いください。)

 

仕上がりは以下の通りになります。

 

全てのコードを貼り付け終わった時点で、下にスクロールします。

  1. 広告の配置(左寄り、中央、右寄り)を決めます。
    ここでは中央を選択しました。
  2. 【変更を保存】をクリック。
    (ここだけ日本語…。)

 

以上で、Adsense コードの貼り付け作業は終了です。

続いて、アドセンス広告を記事に挿入する設定を行います。
もうひと頑張りですぞ。

 

アドセンス広告を記事に挿入する

作業に入る前に、どんな設定項目があるのか、確認をして
おきましょう。貴殿が広告を表示させたい場所等を
決めていってください。

 

下の画面の通り、【GENERAL&POSITION】のタブを選択。

 

【ads on a page】は、一つのページに貼る広告の数を
選択するものです。

数の制限はありませんが、貴殿が記事を読む立場になって、
目障りに感じない数にとどめましょう。

 

貼り付ける広告の数を決めたら、次は貼り付ける場所を
設定します。ちなみに、①~⑤は主な広告の貼り付け位置です。

  1. 最初の見出しタグの上
  2. 記事の中
  3. 記事全文の下
  4. <more>タグを挿入した、すぐ後
    (記事の「続きを読む」のすぐ後)
  5. 最後の段落のすぐ前

とご理解ください。

 

続いて、広告の表示・非表示の設定です。

  1. Visibility
    ホームページ、カテゴリーページ、アーカイブページ、タグページ等
    広告を表示させたい場合にチェックを入れます。
  2. Post Types
    postは投稿記事を、pageは固定ページを指します。
    投稿記事のみに表示で良いでしょう。pageのをクリック。
  3. Quicktags
    テキスト画面に広告挿入ボタンを追加したい場合は
    チェックを入れます。
  4. 設定が済んだら【変更を保存】をクリック。

 

上記の設定ですが、「テキスト画面に広告挿入ボタンを追加する」と、
下の画面のようになります。

 

私の場合、希望する設定は以下の通りです。

  • 表示する広告は1つだけ
  • 表示場所は記事全文の下

 

これを踏まえて、私の設定画面をご覧ください。

  1. 記事中に表示する広告の数
  2. 表示する広告の場所は記事前文の下
  3. ホームページ、カテゴリーページ、アーカイブページ、タグページの
    全てに表示
  4. 投稿記事のみに表示
  5. 設定が終わったら【変更を保存】をクリック。

 

ここまでの設定で、広告がどのように表示されるようになったのか
確認しておきましょう。(先ほど見ていただいた画面ですが)

 

以上で全ての作業は終了です。

 

より多くの収益を得る方法

多くのサイトで、様々な方法が紹介されています。

特に多く見かけるのは、「アドセンス広告の位置」
に関する情報ですね。

 

アドセンス広告の挿入場所でクリック数が異なる
⇒ 稼げる金額が違う。

という指摘があります。

この点については、試行錯誤して、貴殿にとっての
最適な回答を求めましょう。

 

ところで、賢明な貴殿はお気付きのことと思いますが、
アドセンス広告を貼ったからといって、すぐに広告収入で
大きく稼げるわけではありません。

今までと同様、貴殿に求められるのは、

「読者様から支持される有益な情報が満載の記事」

なのです。

これらの記事を書くこと無しに、また、これからも継続して
有益な情報を提供し続けること無しに、アドセンス広告で
稼ぐことは不可能だ、といえるでしょう。

 

読者様に有益な情報が満載の記事を配信し続ける。

⇒ Googleの検索で上位表示されるようになる。

 ⇒ 読者様が貴殿の記事に満足する。

  ⇒ より多くの読者様が集まる。

   ⇒ 広告収入も比例して伸びる。

単純に捉えてこのような形が構築できれば、貴殿が得られる
アドセンスの収入は、右肩上がりとなります。

このことを否定する情報には出会ったことがないですねぇ。

 

稼ぐためにはあまりにも当たり前な「事実」をお伝えしましたが、
今日のところは長時間にわたって設定をされたご自身を
慰労しましょうか。

お疲れ様でした。