こんにちは。牛若丸禿朗です。

私はブログを訪問してくださった方を、【貴殿】と
お呼びしています。

サラリーマン生活三十年の習慣で、敬称として頭に浮かんだのが
【貴殿】でした。少々堅苦しい感じもしますが、ご理解のほど
よろしくお願いいたします。

 

さて、今回の作業を行うことで、貴殿がブログを始めるための
基礎ができることになります。

以前こちらの記事、

「中年サラリーマンがブログを始めるために用意するものとは」

でご説明した通り、

WordPressは、サーバーにインストールすることで使えるようになる

ということですから。

 

貴殿の場合は、レンタルしたサーバー=エックスサーバーを
利用しているはずなので、それを前提にご説明することと致します。

 

WordPress+エックスサーバーの組み合わせは有料ですが、
それに見合うだけの満足を、必ずや貴殿に届けてくれます。

一応、おさらいしておきましょうか。

 

なお、エックスサーバーには自動でWordPressをインストールする機能、
即ち「自動インストール機能」という、そのまんまの命名がなされた
機能があり、操作は簡単です。

 

ブログ構築の復習をする

毎日の業務に追われている貴殿ですから、それに加えてWordPressや
エックスサーバーの仕組みや原理などを理解するのは大変でしょう。

「いや、もう勘弁して。訊いても理解できないし。」と思われれば
この部分は飛ばしていただいても結構です。

尤も、それほど難しいことではないので、文字を目で追っていただければ
ある程度は分かりますから。

 

WordPressとは、エックスサーバーとは

それぞれを説明すると長くなりますし、本章の趣旨から外れます。
そこで、乱暴ですが、両者を組み合わせた時の話をしますね。

 

WordPress = 無料で利用出来る、ブログ作成のためのソフトウェア
サーバー = インターネット上の「データの家」

とお考え下さい。

 

WordPressとエックスサーバーがタッグを組むと

  • 検索した時に、上位に表示されやすい
  • 高度なセキュリティレベルを誇り、貴殿のブログを守る
  • アフィリエイトリンクに制約がない

などのメリットを享受することが出来ます。まるで、

 

  • 「淋しい熱帯魚」を歌ったwinkのような、
  • プロレス界で一時代を築いたロード・ウォリアーズのような、
  • 不世出の漫才コンビである横山やすし・西川きよしのような、

素晴らしいコンビ、タッグと言えるでしょう。

中年サラリーマンに打ってつけの例えですが、よくわからない方は
そのまま先を急ぎましょう。

 

あ、その前に、この記事から読み始めた方のために、以下も
掲載しておきます。

 

こういうものです。 ⇒  WordPress

こういうものです。 ⇒    

 

WordPressをインストールする

インストールそのものは、エックスサーバーから行います。
カタカナ用語が多用されますが、実際の作業で難しいことはありません。

この作業が終了する時は、即ち貴殿が一国一城の主として名乗りを
上げる時になるのです。

 

早速作業を始めましょう。

 

エックスサーバーにログインする

インフォパネルログインフォームの画面から、それぞれ赤枠で囲んだ

  1. 会員IDまたはメールアドレス
  2. パスワード
  3. 入力内容を確認してログインをクリック

 

会員IDって何だっけ?パスワードもメモしていないし忘れちゃったよ、と
眉間にしわが寄り始めた貴殿へ。

ご安心ください。以前のメールを確認しましょう。
こんなタイトルでした。

 

 

クリックして中を確認すると、会員IDやメールアドレス、パスワードが
記載されています。

 

今度は忘れずにメモを取っておきましょう。

 

インストールのための入力作業

ログインすると現れるのが、以下の画面です。

 

 

この画面を下にスクロールしていくと・・・

 

上記の画面が表示されるので、赤枠の【ログイン】をクリックします。

すると、サーバーパネルが開くので

  1. ▼をクリックして、設定対象ドメインを選択し、
  2. 【設定する】をクリックして先に進みます。

 

このような画面に切り替わります。赤枠で囲んだ部分に
注目してください。

 

赤枠で囲んだ部分を切り取ったのが、下の画面です。この中の
【自動インストール】をクリックします。

 

下の画面に切り替わるので、【プログラムのインストール】を
クリックします。

 

下の画面が表示されたら、【インストール設定】をクリックします。

 

下の画面が現れますので、順番に入力していきます。

  1. ブログ名     貴殿のお好きな名前を。(後で変更可。悩むのは時間の無駄です。)
  2. ユーザ名     こちらも貴殿のお好きな名前を。
  3. パスワード        〃      
  4. メールアドレス  貴殿のメールアドレスを。
  5. データベース  【自動でデータベースを生成する】にチェックがあることを確認
  6. 以上の入力内容に、漏れや誤りがなければ【インストール(確認)】をクリック。

なお、ユーザ名、パスワードは必ずメモを取って管理しましょう。

 

下の画面が現れるので、入力内容を確認して【インストール(確定)】をクリック。

 

下の画面が表示されます。

「WordPressのインストールを完了した」との記述が
確認できます。無事に作業が終了しました。

なお、青枠で囲んだID、PASSWORDは必ずメモをしておきます。

晴れて貴殿は一国一城の主となったわけです。

 

ん?しかしながら、貴殿の主としての資質を疑う者達が
存在するようです。

 

「WordPressにアクセスし、以下の情報でログインしてみろや」と、
残存する抵抗勢力が明らかに貴殿を挑発しています。

上等です。普段は冷静沈着、温厚篤実な貴殿ですが、些細な挑発といえども
見逃してはなりません。城の主たる者を挑発するなど、許すまじ。

反抗の芽は小さいうちに摘み取ってしまいましょう。

 

WordPressを表示させ、確認する

上の画面において、赤枠で囲んだURLをクリックして、
WordPressにアクセスします。

現れるのは下に表示した画面です。

  1. WordPressをインストールするときに決めたユーザ名を入力
  2. パスワードも上記と同時に決めたものを入力
  3. 赤丸で囲んだ部分をクリックしてチェックを入れ
  4. 【ログイン】をクリック

 

下で示したようなWordPressの管理画面が現れ、インストールが
間違いなく完了したことがわかりました。

意外にあっけない残存勢力の抵抗。まだ隠された作業が
あるのでしょうか?(全くありません。)

 

どうやら威風堂々たる貴殿の歩みに、残存勢力も恐れをなして
為す術なく、と言うよりも、従順にお迎えする姿勢に転じたようです。

WordPressへようこそ!と心からの敬意をもって
迎えてくれました。

 

以上をもって、WordPressのインストール、およびその確認作業は
終了です。

 

工程数も多くはなく、作業そのものに難しい点は無いと思います。

時間が掛かる、面倒臭い入力箇所を強いて挙げるとすれば、

  • エックスサーバーにログインする際の会員IDまたはメールアドレス、
    パスワードの失念による、過去メールの探索
  • 自動インストールの入力箇所

位でしょう。

 

会員IDやパスワードはメモしておけば良いわけですから、
今回は忘れてしまって面倒だと思えば、次回から
気を付けるだけの話です。

意外にあっけないインストールの完了でしたが、冒頭で
ご紹介したエックスサーバーの「自動インストール機能」の
お蔭と言えます。

ありがたや、ありがたや。

 

さて、いよいよWordPressをエックスサーバーにインストールしました。
待ちに待った、貴殿が一国一城の主としてデビューする日となったのです。

今までブログ構築の時間が取れなかったり、慣れない単語に苦しんだり
したものと拝察いたします。

やっと、貴殿の苦労が報われた日を迎えました。

これからさらに、様々な作業を行っていきますが、本日は
スタートラインに立てたことをお祝いしましょう。

 

お疲れ様でした。